借金生活→トラックドライバー→AGA治療→投資開始→ブログ開始→育児休業取得 あなたの人生はまだ終わってません。当記事では管理人が20歳にしてサラ金から380万円の借金を背負い自力で返済した実績から借金の返済方法・解決方法まで紹介し、俺の人生はまだ終わっていない。まだやり直せる!明日から頑張ろう!と思える内容となっています。... 歩行者横断禁止規制のある国道を酩酊状態で横断し道路上で立ち止まっている被害者にタクシーが衝突して死亡させた。, 被害者は開業医で過去の平均年収が5500万円を超える高額所得者であったために逸失利益が4億7850万円と高額になった。. 今回は、生命保険の未加入についてご紹介します。確かに、健康状態や貯蓄などの都合に合わせて生命保険は不要だという考え方もあります。ただ、保険は万が一に備えるもの。生命保険が不要だと一概にはいえません。これをきっかけに未加入の方も検討されてみてはいかがでしょう。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。250cc以下のバイクにおいても任意保険の加入の重要性をご説明。250cc以下のバイクも任意保険に加入すべき理由、バイク保険の補償内容と選び方、自家用普通乗用車とバイクの任意保険加入率の比較もご紹介。 60 ここでは任意保険(自動車保険、自動車共済)への加入率と、主な契約として対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、車両保険、人身傷害の加入率を一覧にまとめています。 (出典 自動車保険の概況 損害保険料率算出機構) 対物賠償の自動車保険74.4%と自動車共済13.8%を合算した88.2%が任意保険への加入者であり、車両保有車の9割弱が任意保険に加入しているということに。 しかし、これと同時に任意保険への未加入者(無保険車)が1割以上いることがこのデータから明らかとなっています。 無保険車と … 「自動車保険の加入率、実は74%」でも書きましたが、損害保険料率算出機構の「2017年度自動車保険の概況」によると、任意保険の対人賠償・対物賠償の未加入率は全国で26%、自動車共済も加味すると未加入の自動車の割合は約12%になります。2017年3月末の自動車保有車両数は約8,126万 … ・ブログ開設1年6か月・平均1000pv・月間30000pv。 【イーデザイン損保公式】自動車に関する保険には、法律で加入が義務づけられている「自賠責保険(強制保険)」と、任意に加入する「自動車保険(任意保険)」の2種類があります。自動車保険の加入率や、加入の必要性について解説します。 ・死亡事故をはじめとする重傷案件多数(遷延性意識障害、高次脳機能障害、四肢麻痺、四肢欠損、胸腹部臓器の損傷、歯牙欠損、目・耳・鼻の障害、醜状障害、PTSD、上司下肢の機能障害等), ・労働災害における被災者側代理人多数(製造業、造船業、病院、建設業、食品工場、運輸業、海上輸送業等). 加害者さんは自分の不注意だったことは認めつつも、被害者側から25万円の修理費請求を受けたことに不服の様子。 交通事故の相手方が任意保険未加入だった……その後の対応はどうすればよいのでしょうか。, 自動車保険は万が一の場合の備えとして非常に重要です。多くの人が自賠責保険のような強制保険に加えて、任意保険にも加入していると思います。, しかし実際には任意保険に未加入の人も少なからず存在します。 万が一交通事故の加害者が任意保険に未加入だった場合には、十分な補償が受けられないケースも少なくありません。 とはいえ「被害者が泣き寝入りしなければならない」というのはあまりにも理不尽です。, しかし実際には、車を保有していながら任意保険に未加入であるという人も少なくありません。, 自動車保険の加入状況などについて、自賠責保険の調査業務などを行っている損害保険料率算出機構という団体が毎年公表している「自動車保険の概況」という冊子で確認することができます。, この「自動車保険の概況」によれば、日本における任意保険(対人賠償責任保険)の普及率は約80%程度となっています。 つまり全国の自動車のうち5台に1台は、任意保険に未加入という計算になります。 これは無視できない割合といえるでしょう。, 都道府県別の加入率を比較すると、大都市部ほど加入率も高くなっています。 最も加入率が高いのは大阪府の88.2%ですが、それでも10台に1台以上は任意保険未加入です。 他方最も加入率が低いのは、沖縄県の57%です。こちらは3台に1台以上は、任意保険未加入となります。, 以下では交通事故の場面ごとに、相手方が任意保険未加入だった場合の注意点や対処方法などについて解説していきます。, 車などに乗っていて交通事故に遭った場合、仮にケガをしなかったとしても、物損はほとんどの場合で生じてしまいます。 ケガがなかったことは何よりですが、加害者が任意保険未加入の物損事故は、その後の処理が面倒になることが少なくありません。, 自賠責保険では対人賠償しか補償されません。 したがって車の修理代など(車両の物的損害)については、自賠責保険では補償されないのです。 そのため、加害者が自賠責保険に加入していたとしても、自賠責保険に対して物損の補償を請求していくことはできません。, 任意保険未加入の加害車両との物損事故は、損害額(修理代金など)を加害者に直接請求していくことが基本です。 後のやりとりに備えて、加害者の連絡先などは確実に確認しておきましょう。 「携帯電話の番号を教えてもらった」という程度では、番号を変えられてしまうという可能性があるので対応としては不十分です。 特に加害者が任意保険未加入の物損事故では、「事故を警察に届け出ない」ということも想定されます。 保険会社を利用しないケースでは、警察に事故証明書を発行してもらう必要性がないからです。 交通事故が起きる場面の多くは加害者だけでなく被害者も「先を急いでいる」ことが多く、「携帯電話の番号を確認できたから大丈夫だろう」と中途半端な対応になってしまうことも珍しくありません。, しかし上でも触れたように、携帯電話の番号だけでは、後に加害者と交渉をしていくにあたって、必ずしも十分ではありません。, また、加害者が賠償に応じてくれない場合、最終的には訴訟などの法的手続きも検討する必要が出てくるでしょう。 そのため、免許証・車検証のコピーを取らせてもらうなどして、加害者の住所を把握したうえで、必ず警察に交通事故の届け出をすべきです。, 加害者が任意保険に未加入だった場合には、「必要な修理代をすぐに準備できない」ということもあるかもしれません。 そのような場合、被害者が車両保険に加入していれば、自分の車両保険から修理代を支払うことも可能です。, また、無過失事故に関する特約がついていれば、一般的には、次のような条件を満たしているとき、車両の修理代のために自分の車両保険を使っても翌年の保険料は上がりません。, 加害者が任意保険に加入していない場合に備えて、自身で車両保険に加入しておくことも重要といえるかもしれません。, 人身事故の加害者が任意保険に未加入だった場合には、物損事故よりもさらに慎重な対応が必要です。 人身事故では被害額が大きくなる可能性が高く、加害者との交渉期間も長くなることが多いからです。, 人身事故の場合には、加害者が自賠責保険に加入していれば、自賠責保険から一定の補償を受けることができます。, しかし自賠責保険は「必要最低限の補償をするための公的な救済制度」に過ぎないので、補償される金額には下記のような上限額があります。, 特に傷害事故の場合には、治療費や慰謝料などの損害費目を合計しての上限額が120万円ですので、「損害のすべてをカバーできない」ということも少なくありません。, また、それぞれの損害費目についても、細かく支払基準が定められています。 そしてその基準は、必ずしも損害の補償として十分なものではありません。, たとえば、自賠責保険の基準において、ケガによって入通院した場合の慰謝料の金額は、1日あたり4200円となっています。, 一般的には、加害者に請求できる適切な慰謝料の金額よりも低く、補償としても不十分であるといえるでしょう。, 加害者の自賠責保険では補償額が足りない場合や自賠責保険が下りるまでの治療費負担などが困難であるという場合には、被害者自身の傷害保険(自動車保険)を利用することも可能です。, 自分の自動車保険を利用するためには、人身傷害保険(特約)などに加入している必要があります。, 人身傷害保険を利用することで、基本的には自分の過失割合に関係なく、治療費や慰謝料などについて、契約に基づき一定額の補償を受けることが可能です。, また、人身傷害保険はいわゆる「ノーカウント」の保険なので、一般的には、利用しても翌年の保険料に影響はありません。, しかしながら人身傷害保険の加入率はそこまで高くなく、毎月の自動車保険料を抑えたいと考えて加入していない人も多いといえます。 無保険車と事故になる可能性や、自分に大きな過失のある事故を起こしてしまうリスクを考えれば、人身傷害保険には加入しておいた方がよいでしょう。, なお、対人賠償保険(通常の任意保険)に加入していれば、「無保険車傷害保険(特約)」が付帯されていると思います。 しかし無保険車傷害保険は、一般的には「後遺障害が生じた場合」、「死亡事故の場合」のみに適用される特約です。完治したケガや傷害に対しては補償がなされない可能性がある点には注意しましょう。, 就業中や通勤途中に交通事故に遭うことも少なくありません。 これらの場合であれば、基本的には、労働災害として、労災保険を利用することができます。, なお自賠責保険と労災保険は、同時に利用することはできませんが、どちらの支払を先に受けるかは自由に選択できます。, 自賠責保険と労災保険では、補償の範囲や上限が異なります。 例えば、傷害事故に関して、治療費について、自賠責保険では、上記のとおり、他の損害項目も含め120万円までという上限がありますが、労災保険では上限はなく、事故との因果関係が認められる範囲において、十分な補償を受けられます。, 他方で、自賠責保険では、入通院に対する慰謝料の補償がなされますが、労災保険では慰謝料の補償はなされません。, 労災保険側からみると、就業中や通勤途中に交通事故に遭うことはいわゆる「第三者行為災害」といわれます。 第三者行為災害における保険の利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。, 人身事故の場合も、加害者が任意保険未加入であれば、最終的には損害額を加害者自身に支払ってもらう必要が生じることがあります。 上でも触れたように、自賠責保険では補償される金額に限度があり、実際に生じた損害に対する賠償として不十分であることも少なくないし、人身傷害保険や無保険車傷害保険、労災保険が使えても、限度額や補償される項目に制限があるからです。, とはいえ任意保険に未加入の加害者は金銭的な理由で任意保険に未加入である場合が多く、損害賠償を請求しようにも「相手に資力がない」ということも十分考えられます。, 交通事故の示談交渉は、自分が加入する保険会社に代わりに行ってもらうことができます。, しかし加害車両のみに過失があるケース(もらい事故)の場合には、保険会社の示談代行サービスを利用することはできません。 なぜなら、弁護士以外の人は、基本的には、自分が当事者ではない出来事に関して、法的な交渉をしてはならないと、弁護士法で定められているからです。 すなわち、自分にも過失がある事故であれば、相手に生じた損害に対して、自分の過失分の補償をする必要がありますが、その補償は基本的には加入している保険から賄うこととなるでしょう。 このような場合であれば、実際に支払いをする保険会社も、その事故に関して当事者であるといえるため、加害者と交渉をしても、弁護士法違反にはならないと考えられています。 他方で、自分に過失がなく、加入している保険を使って加害者へ補償をすることもないという場合、加入している保険会社はその事故に関して当事者であるとはいえなくなるため、交渉をしてしまうと、弁護士法に違反してしまう可能性があるのです。, 相手方も任意保険未加入であれば、上記の理由から当事者同士での示談交渉となることが多く、間に保険会社が入らないことで、補償面について重要なポイントについての協議が不十分なまま示談となってしまうこともあり得ます。, 交通事故の加害者が任意保険に未加入だった場合には、自賠責保険や自分が加入している保険が頼りになります。 労災保険や健康保険なども上手に活用して、負担が増えないように対処することも重要です。, しかし、これらの保険だけでは十分な補償を受けられないこともあり、加害者への直接請求も検討しなければならないケースも出てきます。, もっとも、残念ながら、加害者へ直接請求をしたとしても、資力がなく、適切な賠償金を回収できないということの方が多いというのが現状でしょう。, そのため、加害者への直接請求の必要ができる限り少なくなるように、ご自身の保険の加入内容を見直すなどして自衛を図っておくことが何よりも肝要であるといえるでしょう。, 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。, 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。, 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。), ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。, 私たちベリーベスト法律事務所は、お客様にとって最高の解決が得られるように、情熱と誠意をもって全力を尽くす弁護士集団です。. 任意保険に加入していないあなたに、車を運転する資格はない!と言っても過言ではありません。, なぜなら人身事故を起こしたとき自賠責保険では補償の限界がある、自損事故を起こしたときには普通の人では支払えないほどの高額な修理費用、損害賠償金を支払う義務が発生する可能性が高いからです。, 数千万、数億円の損害賠償請求を支払う義務が発生した時点で任意保険に加入していないあなたの人生は終わります。, ※ちなみに保険料が高くて任意保険に入っていないというあなたには無料の自動車保険一括見積もりサービスで比較検討をおすすめします。, 任意保険を比較検討した結果、ぎん丸の保険料は2万円安くなり平均では3万円も保険料が安くなっています。, 日頃、車を運転しているあなた、普通に生活しているあなたにとってこの自動車保険に入っていない4分の1の人は恐怖でしかありません。, ぎん丸は自動車購入=任意保険加入という認識だったのですがどうも世間の4分の1の人たちとは認識が違うようです。, こんな人達が平然と公道を走行しているなんて思うと恐ろしくて気軽に運転なんてできませんよ。, ぎん丸は過去に15年間トラックドライバーをしていましたが、数々の悲惨な人身事故、物損事故を目撃してきました。, もしあなたがいざという時は自賠責保険でなんとかなるだろうと思っているならば、はっきり言って。, 重大事故で加害者に損害を与え重傷・死亡させてしまうと刑事責任に問われやがては起訴されて、多大なる慰謝料・損害賠償金を支払う事になります。, 重大事故を起こすとあなたが、任意保険に年間たったの数万円をケチったがためにあなたとあなたの家族そして被害者・被害者の家族の人生が大きく狂います。, そう思う、支払うお金がないのであれば車なんてさっさと売ってそのお金を生活費にして下さい。, 残念なことに任意保険ということですから、自賠責保険とは違って強制ではありませんので任意保険未加入でも車を運転できてしまう現状があります。, ぎん丸が運送会社時代に事故実例を見届けた限り、人身事故や死亡事故の重大事故を起こすと悲惨な結末が待っています。, ※任意保険料が高くて厳しいというあなたは、支払っている保険料が現在の条件によってどの程度まで下げられるのか、一度シミュレーションしてみることをおすすめします。, 任意保険を比較した結果ぎん丸の保険料は2万円安くなり平均では3万円も保険料が安くなっています。, そもそも自賠責保険とはどういった時にどれくらいの保険金が支払われるのかあなたは知っていますか?, 自賠責保険で支払われる額には傷害・死亡・後遺障害の区分ごとに上限が定められています。, 事故を起こせば時に物を破損させた場合は数万円~数百万円の損害賠償費用を事故を起こしたあなた自身が支払わなければなりません。, ぎん丸が運送会社に勤務していた時代にプロであるトラックドライバー ですらもこれらの費用は自賠責保険で支払われると思っている人が多い事に驚いたことを思い出しました。, さて最大の問題は実際に事故を起こしてしまい相手方(構築物含む)への損害賠償や慰謝料を請求された場合に自賠責保険だけで支払えるか?ですよね。, 被害者(バイク)は事故後、四胯完全麻痺と呼吸器系に重大な障害が残り、呼吸管理を含めた介護を家族が行うのは困難なため介護士が必要となった。, また3階建ての福祉対応家屋・エレベーター設置・バリヤフリー費用などの請求が認められ高額な損害賠償請求となった。, 交通事故総合分析センターによると平成29年度の年間交通事故の発生件数は47万2165件です。, 任意保険入らないやつはこの金額他人事じゃないからな pic.twitter.com/YNbbdKcAxE, 「金が無いから任意保険入らない」じゃないんですよ。そもそも保険なんて金の有る奴が金が無い奴の為にやってるもんで「金が無いから任意保険に入る」が正解なんですよ。, 金が無くて任意保険も入れない社会のゴミは公道に出ないで下さいって事。黙って公共交通機関を使うか歩いて下さい。以上。, まともな人間なら、自動車保険なんて対人対物無制限が当然、と思っているが、実際は任意保険なんか入らない、というDQNは想像以上に多い。そしてリスク認識が出来ない位だから運転も荒い, 相手に支払能力も支払意思も無い場合、無保険車特約、人身傷害、搭乗者傷害で自分や家族を守るしか無い, — justice or prejudice (@justprejudice) 2019年4月27日, 今日新居浜でツレが携帯弄りクソガキ(23)に追突されたんだけど、任意保険入ってなくて若干面倒な事になりつつある。前にも身近であったんだけど、任意保険入らない奴ってなんなん?自腹切れる経済力あるなら分かるけど、任意保険入ってない奴でそんなん見たこと無いしそういう奴に限って事故る, 任意保険に加入していない車と事故を起こすと相手方が賠償金を払えずに泣き寝入りする場合もあります。, 任意保険には無保険車障害特約と言って相手方が無保険や補償内容が不十分である場合の不足分を補ってくれる特約が付いています。, ぎん丸が思うに年間たったの数万円の任意保険料を支払えないあなたに多大なる損害賠償金をを支払えるとは思えません。, 任意保険に年間たったの数万円も払えないなら車を運転するのはお願いだからやめて下さい。, 昨今の自動車保険はダイレクト型保険(ネット保険)の普及で保険料がかなり安くなってきています。, 下記サイトで一括見積りすることで平均3万円の保険料が安くなっていますので比較検討してみてください↓, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 自身の経験・体験で得た知識を情報発信しています。 任意保険未加入の状態で事故を起こしたら、あなたを保証してくれる存在がどこにもありません 。 任意保険の加入は、その名の通り 任意 です。 義務ではないということは、未加入の自動車に乗っても、未加入のまま事故を起こしても、未加入という事実に対する法律で罰せられるということにはなりません。 「次の仕事まで1ヵ月だけ空いてしまう」場合、健康保険の手続きをどうすればいいのか、1ヵ月だけでも加入するのか疑問に思っている人も多いでしょう。この記事では各種健康保険の違いや、1ヵ月だけ空白ができた場合の選択について解説しています。 任意保険なしで運転している人はほんんどいないと思っているかもしれませんが、自動車運転者全体の約15%は任意保険未加入で運転をしています。結論を先に書くと、任意保険に加入していない場合は自賠責保険(強制保険)だけの補償になり事故をした場合は最 どーも、がばちょでございます。バイクの免許は16歳から取得できるため、未成年でバイクに乗っている人も珍しくありません。しかしバイクに乗る以上は自賠責保険とともに『任意保険』に加入することが強く推奨されます。10代バイク好き男未成年だけど、任 相手が無保険(保険未加入)でお悩みの方 - 愛知・三重・岐阜を中心に年間約300件の交通事故案件を扱う交通事故に強い弁護士「名古屋のしまかぜ法律事務所」です。無料法律相談のほか,保険会社から提示された賠償額が適正かどうかの無料診断も行っております。 © Copyright 2020 Legal Mall|ベリーベスト法律事務所がお届けする「法律情報サイト」. 交通事故の加害者側が、任意保険に加入していないかった場合、まず初めに加害者側の資力を調査することが重要です。適切な慰謝料を獲得できたものの加害者が払えなければ受け取ることができないため、確実に受け取れる額で示談することが望ましいケースも珍しくありません。 月まで)、国民年金保険料を納めることで 、 65. 多くの人が自賠責保険のような強制保険に加えて、任意保険にも加入していると思います。しかし実際には任意保険に未加入の人も少なからず存在します。そこで今回は交通事故の相手方が任意保険に未加入であった場合における対処方法について解説していきます。 2017年度の自動車保険の加入率は共済と任意自動車保険とを合わせて87.9%でした。最も加入率が高かった都道府県は富山県で、逆に最も加入率が低かったのは沖縄県でした。また、年度ごとに自動車保険の加入率は上昇しています。 任意保険未加入者の割合と事故を起こした時の補償は相手が任意保険に未加入のケースでは補償されません。相手が自賠責保険に加入していれば『自賠責保険分は補償』されます。しかし、そのような場合でも自分の自動車保険で『人身傷害補償保険』に加入していた 兼業ブロガーとしてブログ、投資で月10万円以上の副収入を達成。 一方、任意保険は、自賠責保険では足りない部分を補償するための保険であり、文字どおり加入は任意とされています。損害保険料率算出機構の調査によれば、 任意保険に加入していないドライバーは、全体の3割にもなります。 自賠責保険も未加入の場合 こんにちは。「だいち」です。新年度は朝から雨模様で始まりました。 今月から始めることにした週2回のパート仕事も今日は出勤日ではないので、今日のうちにやるべきことは済ましておこうと思い、まずは国民健康保険の加入手続きに出かけてきました。 自動車保険を大別すると、「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」の2種類があります。ここではそれぞれの特徴と、任意保険に加入する意味について解説していきます。プロのアドバイスが満載!自動車保険の一括見積もり【保険スクエアbang! 3.任意保険未加入の事故に対処するには「充実の任意保険」に加入すべき 充実させた補償を付けてしまうと、結果的に保険料が不安になってしまうかもしれませんが、その点については後で対処法をお教えしますので安心してください。 7.1 5億843万円 死亡事故; 7.2 3億6756万円 後遺症; 7.3 踏切に侵入し電車と衝突 1億2036万円; 7.4 ペットショップに突っ込む 2177万円; 8 2017年度に起きた事故発生件数; 9 自分を守るためにも車の任意保険に加入しよう; 10 車の任意保険に入ってください 7 任意保険未加入の末路. All rights reserved. 交通事故で相手が任意保険未加入の場合の慰謝料の件で教えて下さい。1ヶ月前に交通事故に遭いました。相手とは9対1で過失割合の話も大体ついてます。自賠責には加入していたので、体の方もとりあえず自賠責からで支払われるみたいなので 歳から受け取る老齢基礎年金を 増やすことができる [任意加入制度] があります。 Q.任意加入に条件はありますか? Q.任意加入によるメリットはありますか? 年金の「未納」「未加入」「免除」期間がある. 自動車保険には、自賠責保険と任意保険とがありますが、自賠責保険は加入が法律が義務付けられているのに対して、任意保険に関しては加入が義務づけられているものではなく、文字通り「任意」となっています。 自賠責保険への加入が強制 … Hさんは、駐車場に入るため、右折待ちで停止中、4トントラックが追突してくるという交通事故にあいました。ところが、このトラックを所有していた運送会社が任意保険に加入しておらず、自賠責保険のみしかついていませんでした。補償を受けることはできないかと弁護士に相談しました。 任意保険未加入のドライバーが追突→なぜか逆ギレ. 交通事故の加害者が任意保険や車両保険に入っていない場合はどのように対応すれば良いでしょうか。 任意保険の加入率は、全国平均約75%程ですので(なお、沖縄県は約50%程度で低い加入率と言われて … 任意保険に加入していないことで、その楽しい高ぶる気持ちが一転、絶望に落ちる可能性があります。 当記事では、任意保険についての解説と、未加入時の大きなリスク、そして選び方などを解説していきます。 そもそも任意保険って何? 豊かな人生を送るために日々奮闘中です。, 人身事故・死亡事故・自損事故】を起こした時、すべての賠償金や慰謝料を自賠責保険の保険金で支払えると思ってますか?. 基本的には、まずは相手の自賠責保険に賠償を求めますが、自賠責には補償額の上限が「120万円」と定められています。 もし治療や入院が長引き、120万円を超える場合は補償されず、相手に直接請求しても払ってもらえない可能性があるのです。 実は、自賠責保険以外で十分な補償を受けられる可能性は残っています。 任意継続被保険者制度とは、会社を辞めても前の勤務先の健康保険に継続して加入できる制度です。 制度を利用する要件は、「継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある」ことと「資格喪失日から20日以内に申請する」ことです。

兵庫県 人口 2020, 倉敷イオン 映画 予定, 東京 映画館 昔の映画, 小麦粉 甘いもの 簡単, 野口 英世 親不孝,