続きが見たい。「IQ246」の続編が見られるんだったら、何でもするよ。, 「IQ246」が面白くて続編を希望されている方もいました。最終回のネタバレではマリアTが法門寺宅に住み込むことになりました。もし続編があるのであれば、マリアTが法門寺沙羅駆に協力するという展開も見れるかもしれません。, 「IQ246」の最終回のネタバレでは、法門寺沙羅駆がついにマリアTとの対決に勝利することができました。「IQ246」は最終回まで面白かったという感想がたくさんあります。サスペンスやミステリードラマを見たいという方にオススメのドラマです。, IQ246黒幕13「M」マリアTの正体は中谷美紀?最終回結末をネタバレ!のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。. 12月4日放送の「iq246~華麗なる事件簿~」の第8話のあらすじ、ネタバレ感想。 第8話視聴率: 第8話のあらすじ 沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。 波瑠さん主演ドラマ『あなたのことはそれほど』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。 美都(波瑠)が家を出て行き、離婚届をようやく提出してくれる気になったらしい夫・涼太(東出昌大)。 では、12月18日(日)よる9時からは、『iq246』最終回ですので、できれば…リアルタイムでご覧いただけると嬉しいです! カレンダー 2016年12月18日 iq246の最終回10話のネタバレと感想!マリアTは死ぬのか? iq246の8話ネタバレ感想!稲垣吾郎(牛田)の衣装もかっこいい; iq246の7話ネタバレ感想!佐野ひなこ(千草あやめ)がかわいい; iq246の3話ネタバレ感想!観月ありさの衣装もきれい! 最終回では黒幕mである森本朋美(中谷美紀)と法門寺沙羅駆(織田裕二)が対決することになります。 ホームズとモリアーティの対決では二人で滝壺に落ちましたが、さすがにそんな演出はないのかなと。 「iq246」の最終回のネタバレでは、法門寺沙羅駆がついにマリアtとの対決に勝利することができました。「iq246」は最終回まで面白かったという感想がたくさんあります。サスペンスやミステリードラマを見たいという方にオススメのドラマです。 黒幕が気になるドラマ「iq246 」の結末である最終回のネタバレを公開しています。 このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。 今回は、「iq246 」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。 今回も高視聴率がでることを 期待しましょう(^^♪ ということで今回は10月からスタート のドラマ「iq246華麗なる事件簿」の 最終回ネタバレや 視聴率と原作との結末の違いまで 見ていき私の個人的な意見や解釈を中心に 語りたいと思います♪ 「IQ246」は織田裕二主演のサスペンス・ミステリードラマです。IQ246の超天才が、暇つぶしのために事件を解決していくというストーリーです。「IQ246」では、主人公の法門寺沙羅駆が解決する事件に必ず「13」と呼ばれる人物が関わっていました。「13」は「マリアT」とも呼ばれており、すべての事件の黒幕だといわれています。この黒幕の正体は誰なのか、ここでは最終回の結末のネタバレを紹介します。, 「IQ246〜華麗なる事件簿〜」はTBSの日曜劇場で2016年に放送されたドラマです。サスペンス・ミステリードラマで、織田裕二が主演を務めています。「IQ246」のプロデューサーは「ケイゾク」や「SPEC」、「ATARU」などのプロデューサーを務めた植田博樹が担当しています。, 「IQ246」は原作がないテレビオリジナルストーリーです。泉澤陽子、栗本志津香、木村涼子の3人がドラマの脚本を担当しています。「IQ246」のドラマの脚本を元にした単行本が発売されていますが、これは原作ではありません。, 「IQ246」は2018年7月12日、7月13日の二日間にCSで一挙再放送がありました。その後の再放送は予定されていないようです。しかし、AmazonやhuluなどのVODに加入している場合は「IQ246」をいつでも観ることができます。月額料金がかかりますが、自分の好きな時に見ることができるので、「IQ246」を見るなら非常におすすめです。, IQ246黒幕13「M」マリアTの正体は中谷美紀さん演じる森本朋美なのでしょうか?森本朋美は法医学専門医・監察医として登場します。1話では、法門寺沙羅駆の推理と自分が検視した内容が一致していたことに感動し、その後は警察関係でもない法門寺沙羅駆に積極的に協力しています。, マリアTと法門寺沙羅駆の関係をネタバレすると、二人には深い因縁がありました。黒幕のマリアTは犯罪コンサルタントとして世界的に有名な犯罪者でした。かつて法門寺沙羅駆とマリアTは対立していた過去がありました。しかし、黒幕のマリアTは物語開始前には死亡していたと思われていました。, 黒幕をネタバレすると、積極的に協力していた森本朋美が黒幕のマリアTという人物でした。黒幕のマリアTはこれまで潜在犯達に、完全犯罪を提案するメールを送っていた「13」という人物です。そのメールの送信者には「13」と書かれており、それはアルファベットの13番目の「M」を示していました。, そのことから、法門寺沙羅駆は「13」の正体がマリアTであることに気づきます。黒幕の「13」であるマリアTは、IQ246の頭脳を持つ法門寺沙羅駆の頭脳を超えるIQ300だといわれています。マリアTはハッキングを得意としており、全国の電力会社を一気に制圧したこともあります。, 黒幕の「13」のマリアTが森本朋美だと明らかになった時は、二重人格や双子なのではないかと噂されていました。しかし、実際にはモリアTであることを隠して潜伏するために、全身整形をして森本朋美にという全くの別人になっていました。, 黒幕の「13」が誰なのか明らかになる前は、法門寺沙羅駆の執事である賢正が黒幕なのではないかという考察もありました。しかし、度々ストーリーの最後に現れる黒幕であろう人物のシルエットは女性でした。また、1話のクレジットには「ネイリスト(中谷美紀)」と表示されていました。, 1話にはネイリストは登場していませんでした。心当たりがあるのは、ラストのシーンに登場した黒幕と思われるネイルをした女性です。このように、黒幕のシルエットやクレジットなどを見ると黒幕の「13」の正体が賢正ではないことが分かります。, 「IQ246」の最終回のネタバレを紹介する前に、最終回までどのようなストーリーがあったのか、あらすじを簡単に紹介します。和藤奏子はあることをきっかけに捜査一課に転属しました。捜査一課の初仕事は、法門寺家に住み込んで法門寺沙羅駆を護衛するという仕事でした。, しかし、実際の仕事はIQ246もある天才の法門寺沙羅駆のお目付け役でした。和藤奏子は法門寺沙羅駆に翻弄され、お目付け役であるにも関わらず毎回殺人事件に首を突っ込んでしまいます。法門寺沙羅駆が事件を解決に導くうちに、完全犯罪の手引きをしている黒幕がいることが判明します。, 黒幕は潜在犯に「完全犯罪の方法、教えます」という文面のメールを送っていました。その黒幕はメールを送る時に「13」と名乗っていました。法門寺沙羅駆は黒幕の「13」がアルファベットの13番目の「M」だということに気づき、かつて因縁の対決をしたマリアTだということが判明しました。, 全ての黒幕で「13」の正体だったマリアTは、PCのカメラなどをハッキングして潜在犯を見つけ出し、そして完全犯罪の手引きをしていたのです。法門寺沙羅駆は、黒幕のマリアTの場所をハッキングして割り出しましたが、あと一歩のところで逃げられてしまいます。, 「IQ246」では、全ての犯罪に黒幕の「13」であるマリアTが関わってきました。また、マリアTは各話の結末に顔は出さないものの何度も登場しています。いくつかの事件に関わっている程度なら、黒幕の「13」の正体が何者なのか予測しにくくなります。しかし法門寺沙羅駆は、黒幕の「13」がマリアTであることをあっさりと明かしてしまいました。, そのため最終回には、黒幕のマリアTとの対決になるという展開は多くの人が予想していたようです。また6話の結末まで森本朋美が黒幕であるということは隠されていましたが、黒幕の正体が女性であることは2話で明らかになっており、そのシルエットから黒幕の正体も安易に予想できる展開でした。, ここからは「IQ246」の結末のネタバレを紹介します。最終回では法門寺沙羅駆に射殺許可命令が出て、警察から追われるところから始まります。賢正が囮になり、その隙に和藤奏子と法門寺沙羅駆が逃げます。和藤奏子は上司に射殺許可命令を取り下げるように言いましたが、まったく聞く耳を持ちませんでした。, その頃、黒幕のマリアTは全国の電力会社をハッキングして混乱を招きます。マリアTは、ハッキングを解除する代わりに、個人情報のデータベースにアクセスするためのパスワードを教えろと脅迫状を送りつけました。そして法門寺沙羅駆がマリアTの仲間であるという事実を改ざんしたデータを送ったため、法門寺沙羅駆には冤罪がかけられてしまいます。, 賢正と合流して逃げようとしたところに機動隊が待ち伏せており、法門寺沙羅駆を庇った和藤奏子が撃たれてしまいます。すぐに病院に行きますが、既に法門寺沙羅駆の手配書が出回っており病院を頼る事ができません。そこで和藤奏子を法医学専門医の足利尊氏の元に連れて行き、応急処置をしてもらいます。その頃、警察は黒幕のマリアTにパスワードを教えました。, しかしマリアTがパスワードを打っても画面はエラーになってしまいます。実は法門寺沙羅駆が先回りしてもう一つパスワードを設置していたのです。法門寺沙羅駆はマリアTとビデオ通話をして、今どこにいるのか聞き出します。なんとマリアTは法門寺邸に入り込んでいたのです。マリアTは法門寺邸で最後の勝負に挑みました。, マリアTは薬を用意しており、その中には2つ毒薬が入っていました。互いに一粒ずつ飲んでいき、死んだほうが負けという運まかせのゲームをすることになります。ゲームの結末は、マリアTが毒薬を飲んだことで法門寺沙羅駆が勝利しました。法門寺沙羅駆は警察にマリアTは死んだと言いましたが、実は死んでいませんでした。, 毒を飲んだマリアTの胃を洗浄し、死ぬ前に処置をしました。そしてマリアTの首に特別な装置を付けました。その装置は、殺人衝動を感知すると付けている者のIQを犬並みに下げる装置でした。これでマリアTは完全犯罪を指南することができなくなりました。マリアTはその後警察には出頭せず、法門寺邸に住み込みました。, 「IQ246」の1話のゲストは石黒賢でした。石黒賢はCMクリエイティブ・ディレクターの早乙女伸役を演じました。1話のネタバレをすると、早乙女伸は有名なディレクターですが、実は部下の鈴木なつ実のコンペを自分の名前で発表していたのです。, ある日鈴木なつ実に、自分の名前で発表しなければ会社を辞めて独立してもいいと脅されます。焦る早乙女伸の元に、黒幕である「13」から完全犯罪の指南書が届きます。, 1話には、小ネタがたくさんありました。土屋太鳳のセリフに「振り返ってもやつはいない!」というセリフがありました。これは織田裕二と石黒賢が主演を務めた「振り返れば奴がいる」というドラマのネタです。また、新聞には「レインボーブリッジ封鎖」と書かれていました。これは「踊る大捜査線」の小ネタです。, 「IQ246」の2話のゲストは佐藤隆太でした。佐藤隆太は塾の先生役をしていた前川公平役を演じました。2話のネタバレをすると、前川公平がいつものように塾の子供達を見送っていると、不審な人物が女の子を連れ去ろうとしていました。その男は、昔前川公平の妹を殺した男だったのです。, 前川公平の妹を殺した男は証拠不十分で釈放されていました。怯える子供を見た前川公平は、妹の無念を思い出していました。そんな時、黒幕の「13」から完全犯罪の指南書が届きます。, 「IQ246」の6話のゲストは平岳大でした。平岳大は画家を目指す笠原壮一役を演じました。6話をネタバレをすると、笠原壮一の弟はお金にがめつい性格をしていました。そして兄の笠原壮一のことを格下に見ていました。そんな時、笠原壮一の弟は客から宝くじで6億円当たったことを聞きます。弟は客を襲い、その宝くじを奪いました。, 笠原壮一は、かつての恋人で弟の妻の葵から宝くじの存在を聞きつけました。そんな笠原壮一の元に黒幕の「13」から完全犯罪の指南書が届きます。, 6話にもたくさんのパロディや小ネタが仕組まれていました。6話に登場した新聞記事には、2話で前川公平が起こした「キルリスト事件」が大きく取り上げられていました。2話の結末のネタバレをすると、法門寺沙羅駆は前川公平の意思にまかせ、警察には捕まっていませんでした。, 2話の結末では黒幕の「13」に今後も犯罪を続けるか問われた時、「事件について責任を取る」とメールで送信してからその後が分かっていませんでした。この新聞記事には「4人を殺害したことを全面的に認める」と書かれており、前川公平が一連の殺人事件の自首をしたことが分かります。, また、その他にも「君の那覇。興行百九十億円突破」「ピコ次郎BBAP」「オスの極み大人。の川谷に新恋人」「レインボーブリッジまたまた封鎖」「黄白歌合戦」などあらゆるネタが散りばめられています。, 「IQ246」に登場する法門寺家は貴族の落胤の末裔です。北鎌倉のとても広い土地に屋敷を構えており、政治家などにも顔が効きます。法門寺家の長男はIQ246という頭脳を受け継ぎ、過去には犯罪研究などもしていましたが、現在は国家機密として扱われています。ここではそんな法門寺家の登場人物を紹介します。, 法門寺沙羅駆は「IQ246」の主人公です。ドラマのタイトルどおりIQ246の頭脳を持っており、その頭脳を使って多くの本を出版し、ビジネスのコンサルタントなどで元の資産を30倍にしました。家には執事や使用人がおり順風満帆な生活を送っていましたが、退屈する毎日に嫌気がさしていました。法門寺沙羅駆は刺激を求めて様々な事件に勝手に介入します。, 法門寺沙羅駆を演じたのは織田裕二です。織田裕二は俳優や歌手として活動しています。「彼女が水着にきがえたら」で一躍有名になりました。織田裕二の代表作である「踊る大捜査線」は、「IQ246」でもパロディで登場します。出演作品には「振り返れば奴がいる」の司馬江太郎役、「SUITS/スーツ」の甲斐正午役、「東京ラブストーリー」の永尾完治役などがあります。, 和藤奏子は法門寺沙羅駆の護衛として配属された刑事です。護衛という名目ですが、法門寺沙羅駆を事件に首を突っ込ませないようにするお目付け役が本来の仕事です。しかし、ミーハーな性格をしており、美味しいものには目がないので法門寺沙羅駆に裏をかかれていつも事件の捜査に置いていかれます。, 和藤奏子役を演じたのは女優の土屋太鳳です。土屋太鳳はNHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインに抜擢されて注目を浴びました。土屋太鳳の出演作品には、「となりの怪物くん」の水谷雫役、「下町ロケット」の佃利菜役、「チア☆ダン」の藤谷わかば役などがあります。, 賢正は法門寺沙羅駆に使える執事です。法門寺沙羅駆に対する忠誠心がとても高く、和藤奏子からは同性愛を疑われるほどでした。格闘技が得意で、脱走する犯人を取り押さえることもあります。賢正役を演じたのは、ディーン・フジオカです。ディーン・フジオカはモデルや俳優、歌手として活動しています。, 台湾などのドラマに多く出演している俳優で、2015年に放送された「探偵の探偵」で初めて日本のドラマに出演しました。出演作品には、「鋼の錬金術師」のロイ・マスタング役、「坂道のアポロン」の桂木淳一役、「あさがきた」の五代友厚役、「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の柴門暖役などがあります。, 賢丈は法門寺家に仕えていた元秘書で賢正の父親です。警視総監の棚田文六とは中学からの友人でライバル同士です。賢丈役演じたのは俳優の寺島進です。出演作品には、「真田丸」の出浦昌相役、「コード・ブルー」の梶寿志役、「駐在刑事」の江波敦史役、「京都地検の女」の成増清剛役などがあります。, 法門寺瞳は法門寺沙羅駆の異母妹です。和藤奏子と同い年の25歳で、和藤奏子とは一緒にお茶をしたりエステに通ったりと仲の良い友人関係です。ピアノが得意で、自宅で演奏を披露することもあります。法門寺瞳役を演じたのは女優やファッションモデルとして活動する新川優愛です。出演作品には「いつまでも白い羽根」の木崎瑠美役、「星屑リベンジャーズ」の楠本春役などがあります。, 警視庁は、法門寺沙羅駆の事件の捜査の介入に快く思っていなかったものの、ストーリーが進むに連れて現場の刑事達は黙認していくようになります。また、9話の結末には「法門寺沙羅駆に射殺許可命令が出ている」と和藤奏子に教えた刑事もいました。ここでは警視庁の登場人物を紹介します。, 棚田文六は警視総監で、賢丈の同級生です。最終回では黒幕のモリアTに変声期で声を真似されてしまい、そのせいで法門寺沙羅駆に射殺命令が下ってしまいます。棚田文六役を演じたのは、俳優の篠井英介です。篠井英介の出演作品には、「総理と呼ばないで」の私設世話人役、「まれ」の蔵本浩一役などがあります。, 山田次郎は警視庁捜査一課の刑事で、ハーバード大学を首席で卒業しています。いつも英語を使って話したがり、自分の経歴に誇りを持っているがゆえにいつも周りの人間を見下しています。山田次郎役を演じたのはバレエダンサーの宮尾俊太郎です。出演作品には「下町ロケット」の堀田文郎役などがあります。, 今市種子は警視庁捜査一課の女性刑事で、男らしい性格をしています。男言葉を話して堂々としていますが、実は男に対してコンプレックスを持っていました。山田次郎とはコンビを組んでいます。今市種子を演じたのは、女優の真飛聖です。出演作品には、「模倣犯」の浅井裕子役、「遺産争族」の金沢利子役などがあります。, 足利尊氏は、法医解剖室所属の森本朋美のアシスタントです。森本朋美が上司だった時は、あまりの多忙さに家族との時間がとれないと苦言していました。最終回の結末には、自分が捌いた牛を焼いて和藤奏子に振る舞っていました。足利尊氏を演じたのは、俳優の矢野聖人です。出演作品には「リーガル・ハイ」の井手孝雄役、「デイジー・ラック」の津幡章生役などがあります。, 森本朋美は法医学専門医で、警察ではない法門寺沙羅駆にも積極的に協力して情報を渡していました。しかし、第6話の結末でその正体が黒幕の「13」のマリアTであることが判明しました。森本朋美を演じているのは女優の中谷美紀です 。出演作品には「JIN-仁-」の野風役、「ケイゾク」の柴田純役、「嫌われ松子の一生」の川尻松子役、「電車男」のエルメス役などがあります。, #IQ246 いい最終回だった!キャラものドラマとしてだけでも充分楽しかったけれど、折り返しからオーソドックスな人生の絶望と希望の終わりなき戦いに変化して、それに前半育てたキャラがピタリとはまってた。こういう直球ど真ん中なお話も時には見たい。織田くんにも若い二人にも合ってた。, 「IQ246」の最終回はとても良かったという評価がありました。ネタバレでも紹介したようにマリアTと最後に対決をするのですが、法門寺沙羅駆はそのシーンで今まで接してきた仲間たちのことを語ります。和藤奏子や賢正だけでなく、法門寺沙羅駆も成長できていると感じさせる最終回でした。, 「IQ246」の最終回で見せた奏子ちゃんの "刑事魂" を上回る "女優魂" を持つ太鳳ちゃんのことだから、きっと困難を前向きな困難と位置づけ、難しい役に渾身の演技で向き合い、観る人を感動させるに違いない。佐藤健さんとW主演の『8年越しの花嫁』本当に楽しみ。 pic.twitter.com/6U4LmI6GME, 「IQ246」の最終回では、和藤奏子役の土屋太鳳の女優魂を感じたという方もいました。和藤奏子のその後をネタバレすると、銃で撃たれて重症を負いましたが、なんとか処置が間に合って無事に復帰することができました。最終回の結末にはカルビを美味しそうに頬張っているシーンがあります。, 「IQ246」最終回をやっと見る。面白かったなぁ。最終二作は何でもあり展開だったけれど、すべてのキャラクターが魅力的で与えられた役割を全うしていた。続き! iq246には原作がないので、まだ最終回のネタバレは不可能ですが、予想をしていきたいと思います。 現在最も有力だと考えられるのは、一連の事件の黒幕「m」が中谷美紀さん演じる森本朋美で、 織田裕二が主演するtbsのドラマ「iq246-華麗なる事件簿」の最終回(第10話)のあらすじとネタバレです。 第9話のあらすじとネタバレは「iq246-華麗なる事件簿-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。 (注釈:法門寺沙羅駆がiq246で、敵対する「m」ことマリア・tがiq300という設定です。 【逃げ恥】最終回11話のネタバレ感想とあらすじ「乙葉と藤井隆がリアル夫婦役で沼田と梅原ナツキがカップルに?」 【iq 246】最終回10話のネタバレ感想とあらすじ「結末はマリア・Tを法門寺沙羅駆が倒しiqを低くする首輪をはめる」 IQ246(あいきゅー246)の1話から黒幕とみられる M (13)という犯人が出てきましたね。 このMという人物が最終回の犯人となりそうですが、IQ246には原作がなく誰にも予想がつきません。 今回はIQ246の Mが誰なのか予想・考察 していきたいと思います! iq246の最終回ネタバレ . 「iq246 華麗なる事件簿 第10話 最終回」あらすじ・ネタバレ 簡単なあらすじ 1) マリアT(中谷美紀)は警視総監の声色を利用し、法門寺沙羅駆(織田裕二)の射殺命令を出す。 IQ246~華麗なる事件簿~最終回のみんなの感想、Yahoo!テレビGより「なんじゃこりゃ」「ファンタジー?」 放送終了後、1時間たったところで、Yahoo!テレビGのみんなの評価は5点満点で 3.06 。 悪くはないですが、いいともいえない感じですね。 iq246の3話の犯人役 . ・・・いや、もう「あ、そう」くらいですけどね!(笑) これからどんどんモリアーティとの接触が増えていくのか!?楽しみです!! スポンサーリンク. 簡単なあらすじ 1) 法門寺沙羅駆(織田裕二)は、iq246の天才であり、暇を持て余していた。そんな彼のもとに、お目付け役として警視庁捜査... 記事を読む iq246の最終回結末を予想!ネタバレ注意. 『iq246〜華麗なる事件簿〜』(アイキューにーよんろく かれいなるじけんぼ)は、tbs系「日曜劇場」枠で2016年 10月16日から同年12月18日まで放送されたテレビドラマ。 「iq246」の織田裕二さんのあの演技がクセになってきましたね。このまま最終回まで楽しめそうな気がしてきました。ところで、2話のラストで登場した謎の女性はやはり中谷美紀さん演じる森本朋美なので … ドラマ『iq246~華麗なる事件簿~』最終回。監察医の森本朋美さんは、やはりマリア・tで…黒幕でしたか…。どんでん返しがあるものと、期待していたのですが…残念。「もっと、見たかったなー!!!」というのが、正直な感想です。 第4話ゲスト・国仲涼子 最終回の結末はどうなるのか、今後の展開予想、最終回ラストの結末ネタバレをチェック! 「m」=マリアtの正体など、ドラマの伏線や謎も考察していきます。 参考⇒ iq246を見逃した時はまずこちらを … →【iq246最終回ネタバレ結末】黒幕13「m」マリアtの正体は中谷美紀!? IQ246・華麗なる事件簿。最終回。第10話。ネタバレ、あらすじ、感想。キャスト。IQ246の第10話、最終回です。前回の9話からの続きです。いよいよ最終回で、織田裕二さん演じる法門寺沙羅駆が、中谷美紀さん演じるマリアTと対決するようですね… 「iq246 華麗なる事件簿 第1話」あらすじ・ネタバレ . 2016年注目の秋ドラマ『iq246』の9話が終了しました。 ついにマリアtを追い詰めましたが、逆に沙羅駆が追い詰められてしまいました。機動隊に囲まれた沙羅駆はどうなってしまうのでしょうか? 2016年12月18日夜9時より放送するtbs系列のドラマ「iq246」10話のあらすじ(ネタバレ)と感想を公開しま 織田裕二が主演するTBSのドラマ「IQ246-華麗なる事件簿」の最終回(第10話)のあらすじとネタバレです。, 第9話のあらすじとネタバレは「IQ246-華麗なる事件簿-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。, (注釈:法門寺沙羅駆がIQ246で、敵対する「M」ことマリア・TがIQ300という設定です。), 法門寺沙羅駆(織田裕二)に射殺許可命令が下り、法門寺沙羅駆(織田裕二)は警察の特殊部隊に囲まれた。, しかし、それは法門寺沙羅駆(織田裕二)に変装した賢正(ディーン・フジオカ)だった。, 賢正(ディーン・フジオカ)は法門寺沙羅駆(織田裕二)の身代わりとなって警察の特殊部隊の気を引き、法門寺沙羅駆(織田裕二)を逃がしたのであった。, しかし、警視総監・棚田文六(篠井英介)は射殺許可命令など出していなかったので、入院中の御前様の病室を訪れ、「私は出しておりません。直ぐに解除します」と報告した。, ところが、御前会議のメンバー黒木は「まて。混乱を避けるために公表はしていないが、マリア・T(中谷美紀)から脅迫状が届いた。マリア・T(中谷美紀)はハッキングにより、日本の電力供給の全てを掌握した。それを解除する代わりに、全ての国民の個人情報データベースにアクセスするパスワードをよこせと要求してきた。回答期限は本日午後1時。後2時間だ。法門寺沙羅駆(織田裕二)がマリア・T(中谷美紀)の仲間というのはあながち間違いでは無い。コントロールできなくなった法門寺沙羅駆(織田裕二)は、マリア・T(中谷美紀)と一緒に抹殺するのは相応しい。御前様はそう仰っている」と命じた。, 一方、警察の特殊部隊から逃げ延びた法門寺沙羅駆(織田裕二)は「君は警察や権力者を敵に回す必要は無い。今すぐ帰れ。私には護衛係なんて必要ない。君のような人間は足手まといだ」と言って帰そうとしたが、和藤奏子(土屋太鳳)は拒否した。, そこで、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「お腹が空いた」と言い、パンを取り出してパンを食べ、和藤奏子(土屋太鳳)にもパンを渡した。, しかし、和藤奏子(土屋太鳳)はパンを食べる直前で「危ない、危ない。その手にはのりませんよ。これって、寝ちゃうやつですよね?私だって日々、成長しているんですよ」と言ってパンを返した。, そこへ、警察の特殊部隊から逃げてきた賢正(ディーン・フジオカ)がやってきたので、法門寺沙羅駆(織田裕二)は賢正(ディーン・フジオカ)らとともに北鎌倉に帰ろうとした。, しかし、警察の特殊部隊は、法門寺沙羅駆(織田裕二)の居場所を把握しており、背後からライフルで法門寺沙羅駆(織田裕二)を狙撃した。, 警察の特殊部隊の存在に気付いた和藤奏子(土屋太鳳)は、法門寺沙羅駆(織田裕二)の盾となって代わりに撃たれた。, 和藤奏子(土屋太鳳)は胸に鉄板を仕込んでいたのだが、ライフルの銃弾は鉄板をそれて、和藤奏子(土屋太鳳)の胸を貫いた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)は、直ぐに和藤奏子(土屋太鳳)を病院に運んだが、マリア・T(中谷美紀)が電力の供給を支配していたため、病院は機能しておらず、病院から手術も応急も断られてしまった。, そこで、怒りを噛みしめる法門寺沙羅駆(織田裕二)は、国家の軍事機密データを盗みだし、そのデータを人質に和藤奏子(土屋太鳳)の治療を要求することにした。, しかし、和藤奏子(土屋太鳳)は、死にかけているのに、「ダメです。犯罪に手を染めては。それでは、マリア・T(中谷美紀)と同じになってしまう」と止めた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)は、、和藤奏子(土屋太鳳)の言葉により、軍事機密情報を盗み出す計画を中止すると、司法解剖室へ連れて行き、監察医に応急処置を頼んだ。, そして、法門寺沙羅駆(織田裕二)は、碁盤を前にして、これまでの出来事を回想し、最善の一手を閃いた。, 一方、警察が脅迫の制限時間までにマリア・T(中谷美紀)を探すことが出来なかったため、入院中の御前様はマリア・T(中谷美紀)に全国民の個人情報データベースにアクセスするパスワードを教えることを決断した。, さて、パスワードを手に入れたマリア・T(中谷美紀)は、個人情報データーベースで3つのパスワードを入力する。, しかし、マリア・T(中谷美紀)は個人情報データーベースへアクセスできず、4つ目のパスワードを要求された。, マリア・T(中谷美紀)が「どういうこと?パスワードは3つのはず」と困惑していると、法門寺沙羅駆(織田裕二)がパソコンの画面に現れた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)は、胸を撃たれた和藤奏子(土屋太鳳)に治療を受けさせるため、4つ目のパスワードを設定したのだ。, すると、法門寺沙羅駆(織田裕二)の思惑を察知したマリア・T(中谷美紀)は、法門寺沙羅駆(織田裕二)に「最後の勝負」を持ちかけた。, その後、法門寺沙羅駆(織田裕二)は、北鎌倉にある法門寺家の囲碁室で、マリア・T(中谷美紀)と碁盤を挟んで対峙する。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)が「どうやって勝負しようか?」と尋ねると、マリア・T(中谷美紀)は「今まで何度も頭脳で戦ってきたけど、勝負が付かなかったのよ。最後は大いなる意思の力によって勝敗を決めてもらうしない」と答えた。, そして、マリア・T(中谷美紀)は、碁盤の上に瓶から出した薬を広げ、「この中に1つだけ毒薬が入っている。相手の飲む薬を指定して、同時に飲む」という勝負を提案した。, マリア・T(中谷美紀)が「同時に2人が死ぬ事もあるわよ」と忠告するが、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「かまわん」と答えた。, こうして、マリア・T(中谷美紀)が指定した薬を法門寺沙羅駆(織田裕二)が飲み、法門寺沙羅駆(織田裕二)が指定した薬をマリア・T(中谷美紀)が飲むという勝負が始まった。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)は「人間はおろかだ。何度でも失敗する。だが、同時に成長する。昨日は出来なかった事が、今日、出来ることもある。私は、君には勝てないのかもしれない。単純にIQのことだけを考えれば、私の負けだ。だが、私には仲間が居る。1人1人は凡人かもしれないが、集まればIQ300にもなる」と告げた、。, マリア・T(中谷美紀)は「詭弁だわ」と吐き捨てたが、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「どうかな?」と告げた。, やがて、勝負は進み、碁盤の錠剤は残り3つとなり、最後の勝負となった。3つのうち、2つが毒である。, マリア・T(中谷美紀)は「最後に質問してもいい?この世界に未来はあると思う?」と尋ねると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「この世界は、いいところも、悪いところもある。だが、諦めれば、未来は終わる。必要なのは諦めずに考え続けること」と答えた。, マリア・T(中谷美紀)が「凡人がいくら考えても無駄だわ」と告げると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「凡人の1歩は小さな1歩かもしれないが、前を向く1歩であれば、それでいい。全ての人間に考える価値があり、その違いが豊かな価値観や感性を産む。人間を否定する君の考え方は醜い。醜悪至極なり。君はずっと1人で生きてきた。もし、誰かを信頼できれば、きっと違っていたんじゃないか」と答えた。, マリア・T(中谷美紀)は「甘いわね。私はそんな言葉に丸め込まれない」と告げると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「仕方が無い。では勝負だ」と言い、2人は同時に錠剤を飲んだ。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)が「なぜ私を殺さなかった?私を道連れに出来たはず」と尋ねると、マリア・T(中谷美紀)は「こんな世界に未練はない。でも貴方…。さよなら、私が愛した脳細胞…」と言い残して死んだ。, 一方、警察の特殊部隊は、マリア・T(中谷美紀)が北鎌倉の法門寺家に居る事を突き止めて、法門寺家を包囲しており、突入命令を持っていた。, しかし、賢丈(寺島進)が入院中の御前様の元を訪れ、マリア・T(中谷美紀)から取り戻した個人情報を提示して「これが世に出れば、御前様も危ない」と脅し、射殺命令を取り消させた。, さて、マリア・T(中谷美紀)が死んだ事により、電力が回復し、和藤奏子(土屋太鳳)も無事に手術を受けることが出来た。和藤奏子(土屋太鳳)は、奇跡的に傷が浅く、手術も無事に成功した。, 警視総監・棚田文六(篠井英介)は、法門寺沙羅駆(織田裕二)に電話をしてマリア・T(中谷美紀)について尋ねると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「死にました」と答えた。, 警視総監・棚田文六(篠井英介)が死体を求めると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「既に荼毘にふしました」と答えた。, それを聞いた警視総監・棚田文六(篠井英介)は「なぜ、そんな勝手な事を。賢丈(寺島進)のてまえ、大目に見ていたが、二度と警察には関わるな」と激怒した。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)は「まさか君に助けられるとは。…ありがとう」と礼を言うと、和藤奏子(土屋太鳳)は「私は法門寺さんの護衛係ですから」と答えた。, 賢丈(寺島進)は見合い相手を見つけてきたと言い、法門寺沙羅駆(織田裕二)に「お世継ぎを」と迫るが、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「興味なし」と言って断った。, その後、和藤奏子(土屋太鳳)が「法門寺さん(織田裕二)とマリア・T(中谷美紀)は、お互いに好きだったんでしょうか?」と尋ねると、賢正(ディーン・フジオカ)は「私には分かりませんが、あの2人しか分かり合えない部分がある」と言い、マリア・T(中谷美紀)が生きている事を教えた。, 実は、マリア・T(中谷美紀)が毒を飲んで倒れたとき、法門寺沙羅駆(織田裕二)は賢正(ディーン・フジオカ)に、マリア・T(中谷美紀)の胃の洗浄を命じていた。, 賢正(ディーン・フジオカ)は「このまま死なせるべきでは?」と意見したが、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「生きる意味が分からなぬ、お前ではあるまい」と言い、胃の洗浄を命じ、マリア・T(中谷美紀)は一命を取り留めていたのだ。, その後、目覚めたマリア・T(中谷美紀)は「屈辱だわ。どうして助けたの?」と尋ねると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「まだ贖罪はすんでいない。そんな君に死を与えても意味が無い」と告げた。, そして、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「プレゼントだ」と言い、マリア・T(中谷美紀)にネックレスを付けた。, このネックレスは、殺人の衝動を感知すると、マリア・T(中谷美紀)のIQを犬並みに下げる特殊な装置が付いていた。しかも、1度付けたら、絶対に外せないとい構造になっていた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)はマリア・T(中谷美紀)に「犯罪を指南してきた君が背負うべき、思い十字架だ」と告げた。, ある日、法門寺沙羅駆(織田裕二)が「ネックレスの付け心地はいかがかな?」と尋ねると、マリア・T(中谷美紀)は「この首輪のこと?貴方の飼い犬になったようでゾクゾクするわ」と答えた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)が「いつまでここにいるつもりだね」と尋ねると、マリア・T(中谷美紀)は「貴方が未来に絶望するまで」「貴方がよりよい未来を気づけるかどうか、近くで見させて貰うわ」と答えた。, 法門寺沙羅駆(織田裕二)が「私としても、君を監視下に置けるので好都合だ」と答えると、マリア・T(中谷美紀)は「寂しくないわね」と笑った。, マリア・T(中谷美紀)は「もし、私の心臓が止ったら、世界が滅びるようなデータが流出するような設定がしてあったら、どうする?」と尋ねると、法門寺沙羅駆(織田裕二)はネックレスを観ても反応が無かったので「反応は無し。君のブラフには、もう飽きたよ」と答えた。, そして、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「今日は国境について話し合おう」と言い、マリア・T(中谷美紀)と国境について議論した。, やがて、議論が進み、マリア・T(中谷美紀)が「もう諦めたら?」と呆れると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「いや、私は考え続ける。君も考え続けるんだ」と答えた。, マリア・T(中谷美紀)が「意外としぶといのね。先祖代々と違って」と感心すると、法門寺沙羅駆(織田裕二)は「ああ、私は諦めが悪いんだ」と答えたのであった。. 最終回ネタバレ予想!黒幕mは誰? もし、黒幕Mが森本朋美だとすれば紗羅駆は次回で犯人を選定・逮捕して、早々と最終回にならない為には黒幕は2回毎に逮捕されてしまう。 iq246の黒幕犯人13mの正体やマリアtは中谷美紀か妹?賢正?ネタバレ注意!tbs系列織田裕二主演ドラマ~華麗なる事件簿~iq246が5話が終わりました。黒幕13(m)の正体は中谷美紀(森本朋美)か妹(法門寺瞳)かそれとも眼鏡執事の賢正な

与那国島 台湾 見える, 交通事故 原因 ヒューマンエラー, 恋つづ クランク アップ 動画, その場で 現金 プレゼント, ヴァイオレット エヴァー ガーデン 新宿バルト9, アニサキス 冷凍 死なない, 山田孝之 結婚 いつ, 野菜 がっつり レシピ, 星のカービィ スイッチ 新作,